​特別養護老人ホーム職員×学生ワークショップ

有効ボードの有効性

居室やデイルームの間仕切り壁、戸袋などの改修が行われ、生活を営む場として、これからの施設環境のあり方が模索されていた特別養護老人ホーム  ミノワホーム。改修後、壁の仕上げに使われた有効ボードを職員の皆さんが活用し、施設を生活環境として設えることが出来るように、ワークショップを企画しました。建築系の学生と職員がチームを組み、午前は「施設がこんな空間だったら良いな」という妄想をコラージュで表現。午後は、近所のホームセンターや100円均一店で材料を調達して、妄想を即興で可視化しました。最後は、入所者の方々を招待して講評会を行いました。職員にとっても学生にとっても生きた学びの場となったようでした。

日程: 2018 年5 月20日

場所:特別養護老人ホーム ミノワホーム(神奈川県愛甲郡愛川町) http://www.minowahome.or.jp/

企画:特別養護老人ホーム ミノワホーム​、teco、チア・アート

協力:東京工芸大学工学部建築学科、筑波大学芸術専門学群

コラージュを作って妄想をかたちにする

​買い出しに行って、即興でプロトタイプを作ってみる

廊下にバス停を作ったチーム

最後は入所者さんたちからの講評会

写真:ミノワホーム

Copyright © cheer art All rights reserved.