病院前ガーデン

ランドスケーブデザイン、展示

来院する人を迎える空間を作るため、庭の設計・制作・運営までを、環境デザインの学生が一貫して行ったプロジェクト。1年目は花壇の設計から耕転作業、植え付けまでを実施し、約90㎡の花壇が完成した。2年目になると、定期的な芝刈りや剪定、植え替えなどのメンテナンスだけでなく、ガーデンを活用したカフェイベントが実施された。さらに教員の作品や総合造形を専攻する学生が植物や動物をテーマに制作した立体造形作品の展示も行われた。精神神経科外来との協働でデイケアプログラムも実施され、庭園療法や庭を活用したデイケアのあり方が議論された。

場所:筑波大学附属病院「筑波大学病院入口」バス停前

期間: 2013~2015年 実施:《ガーデン制作・運営》病院前ガーデンプロジェクトチーム、《立体作品展示》総合造形学生、小野裕子

担当教員:鈴木雅和、小野裕子

アドバイザー:アナグリウスケイ子(庭園療法士)