アートステーション「SOH(ソウ)」

空間・家具・カーテンデザイン

アートによって人間性を育むことができるようなアートの種まきを行う拠点を病院内に作るため、アスパラガスの学生たちは、積極的な使われ方がされていなかった渡り廊下を改修し、ギャラリーやアートワークショップを開催できるアートステーション「SOH(ソウ)=Seeds of Humanity」をデザインした。そして、木漏れ日のような光が降り注ぐ「コモレビカーテン」、一つ一つの形が異なるカラフルな飛び石クッションが特徴的な「飛び石チェア」が学生らによってデザインされたことで、SOHは人々の居場所として活用されるようになった。

場所:筑波大学附属病院 渡り廊下

期間: 2005〜2008年

企画・設計:

《空間・カーテンデザイン》筑波大学adpチーム アスパラガス https://www.facebook.com/adp.asparagus/

《家具デザイン》筑波大学adpチーム 家具デザインチーム

担当教員:蓮見孝、貝島桃代、逢坂卓郎

Copyright © cheer art All rights reserved.